お仕事を開始したら

Be speedy,Be diligent

work

お仕事紹介について

  1. TOP
  2. お仕事紹介について
  3. お仕事を開始したら

お仕事を開始したら

お仕事開始後、派遣スタッフとして知っておいてほしい派遣の心得をまとめました。

あなたに楽しく働いてもらうためにー。

派遣会社に登録、雇用契約を結んだら、いよいよ派遣先でお仕事を開始することになります。
初めての職場で緊張したり、戸惑ったりしてしまうかもしれませんが、ほとんどの場合、初日には派遣会社の営業担当が同行してくれます。
営業担当とは、あなたと派遣先の間に立ち、あなたのフォローをしたりする人です。お仕事を始めてみて、困ったことがあったり、相談したいことがあったら、まずは営業担当に相談しましょう。
当日は営業担当と少し早めに待ち合わせをしてから、派遣先に向かいます。
さて、ここでは派遣スタッフとしてぜひ、知っておいてほしい派遣の心得をまとめてみました。これを心において、お仕事に臨みましょう。

1

契約時間を守る

派遣に限らず、仕事をする上での基本マナーは始業・就業時間を守ること。就業開始の時間に到着するのではなく、その時間にお仕事を始められるように、余裕を持って出勤しましょう。

2

仕事の指示を誰から受けるのか確認する

お仕事の指示は誰から受け、質問は誰にすればよいかは最初に確認しておきたい事項です。また、一度聞いたことは忘れないようにメモを取り、お仕事に真摯に取り組む姿勢を示しましょう。

3

あいさつ、整理整頓で気持ちよく仕事をする

「おはようございます」「ありがとうございます」「お先に失礼します」などのあいさつは笑顔で。気持ちのよいあいさつは人間関係を円滑にします。また、大事な書類や備品などを失くさないためにも、整理整頓も大切です。帰宅時にはデスク周りをさっと掃除して帰るようにしましょう。

4

派遣先の備品・機器の取り扱いに注意する

派遣先のパソコンや備品などは大切に使いましょう。私用で使わないことはもちろん、契約終了後は速やかに返却しましょう。万が一、破損してしまった場合は自己判断せずに、派遣先の担当者と派遣会社の営業担当者に連絡を入れて相談をしましょう。

5

情報の取り扱いに注意する

お仕事で扱う情報の取り扱いには要注意!企業情報や個人情報という大切な情報を扱うときは、必ず派遣先企業のコンプライアンス(法令遵守)に従うこと。また、これらを社外に持ち出すことはもってのほかです。もしも、業務上の指示があり持ち出す際は、紛失などに充分気をつけましょう。また、契約終了後も引き続き秘密厳守、というのは言うまでもありません。

6

時給のことは言わない、聞かない

時給や条件面での話題はきわめてデリケートなものです。同じ派遣先に複数の派遣会社からのスタッフがいる場合もありますし、派遣会社によって契約内容が異なる場合もあるからです。同じ派遣スタッフ同士だけでなく、派遣先の社員に聞かれても「秘密になっておりますので」とやんわりお断りしたほうがよいでしょう。

7

なにかあったら営業担当に相談

派遣会社の営業担当とは、あなたが派遣として働く上で、対派遣会社、対派遣先企業の窓口担当となってくれる人。派遣スタッフが安心してお仕事ができる環境作りをするのも営業担当の仕事です。就業中も派遣先を定期的に巡回したり、電話で派遣スタッフと連絡を取り合ったりしてくれるので、職場での悩みや問題があれば、派遣先ではなく、派遣会社の営業担当に相談しましょう。
また、派遣会社によっては、営業担当者への相談だけでは解決できそうにない場合に、営業担当とは別に専門カウンセラーと相談できる環境を設けています。相談内容などにより、そちらも利用しましょう。