面談のポイント

Be speedy,Be diligent

tips

お役立ち情報

  1. TOP
  2. お役立ち情報
  3. 面談のポイント

面談のポイント

面接官が見ている5つのポイントを皆さんにお教えします。

第一印象が勝敗を分ける!

面接に臨む前に、まず自分が面接官の立場に立って考えてみましょう。どんな人と一緒に仕事をしたいか、逆にどんな人とは一緒に仕事をしたいと思えないか、そしてそれらの人物像と今の自分とを客観的に比べてみましょう。
そうすると、自分の良いところや改善すべき点が見えてきます。
相手のどんなところに良い印象を持ち、どんなところに悪い印象を持つのかを把握することが大切です。

面接官が見ている5つのポイント

POINT1
外見

人の第一印象は5秒ほどで決まると言われており、その要素の多くを占めるのは外見です。社会人にとって「身だしなみを整える」ということは基本中の基本、できて当たり前なのです。だからこそ、身だしなみが整っていないことによるマイナス点はかなりの痛手といえるため、身だしなみはきちんと整えておきましょう。

POINT2
話し方

より多くの情報を伝えるためには、要点を絞ってわかりやすく伝える必要があります。そのために重要なのは「話す順番」と「話し方」この二つです。話す順番としては「結論→理由→まとめ」の順が好ましいです。次に重要なのは「話し方」です。小さな声や早口な口調では聞き取りづらく、消極性やあがり性というイメージを与えてしまうこともあります。落ち着いて、大きな声でゆっくりと発言するように心がけましょう。

POINT3
履歴書の文字

最近では履歴書やES(エントリーシート)をパソコンで作成する人も珍しくはありませんが、手書きを良しとする風潮があるのも事実です。文字にはその人の人となりが表れます。もちろん、字がきれいであるに越したことはありませんが、大切なのは「丁寧に書いてあるかどうか」です。

POINT4
表情

「外見」のところでも少し触れましたが、表情はとても大切です。自分が話すときはもちろん、面接官が話すとき、そして集団面接などで他の就活生が話しているときなど、どんな時でも表情を緩めないようにしましょう。

POINT5
熱意

「入社への熱意や意欲」というものは重視されています。どれだけ企業研究をしているか、入社後のビジョンがあるのかなど、そういった点から入社への熱意が試されます。逆に、企業研究が浅かったり試しで受けただけだったりした場合、すぐに看破されます。感情論ではなく、なぜその企業ではないといけないのかを論理的に伝えられるようにしておきましょう。

今回は面接で見られている5つのポイントをまとめました。

身だしなみや話し方、書類の文字や表情など、大部分は「社会人として当然のことができているかどうか」です。
これらはどちらかというとできて当然、できなければマイナスという原点方式の評価だと心得ておきましょう。